イベント・行事

母の日っていつからあるの?日本では?花を贈ることになった由来は?

投稿日:

hahanohi-2016
毎年5月にある母の日って
いつからあるのかちょっと気になりませんか?

実は、母の日は海外で始まって、
日本でも行われるようになったんです。

どうして花を贈るのか?

花をプレゼントするようになった
由来なども興味があれば読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

母の日っていつから行われるようになったの?

「母の日」といえば、
最初に知るのは幼稚園や保育園でしょうか。

母の日にお母さんの顔を書いてプレゼントしましょう、
なんてこと、みなさん経験があると思います^^

気が付いたら当たり前に知っていた
この母の日ですが、

いつから行われるようになったのか?
ちょっと気になりますよね。

 

母の日は、1914年にアメリカで記念日となり、
毎年5月の第2日曜日と定められたものです。

1905年に一人の少女が母の死に遭遇し、
その2年後の1907年教会で記念会をします。

この少女の母への思いが感動を集め、
母を大切にすることを改めて感じた人たちが、
集まって「母の日」を祝ったと言われています。

今から100年以上も前の昔に、
初めての母の日が行われていた、ということなんですね。

 

そして、母の日を作って国全体で、
生前の母親を敬いましょうと少女が提案した結果、

1914年にアメリカの大統領が
5月の第2日曜日を母の日の記念日と定めたとされています。

 

今では母の日は世界中にあり、
私たちは当たり前のように思っていますが、

もとはたった一人の少女が亡き母へよせる、
想いから始まっていたんですね。

切なさと感動の気持ちが出てきますね。

 

母の日は国によって記念日が違い、
一番多いのはやはり5月なんですが、

タイでは夏、インドネシアでは冬といったように、
1年中どこかの国で母の日が行われています。

 

日本では5月が母の日ですが、
これは、いつ頃から行われているんでしょうか?

母の日はいつから日本で始まったの?

1914年に、当時の大統領によって
アメリカで定められた母の日ですが、
日本ではいつ頃から始まったんでしょうか?

 

日本での母の日は明治の終わり頃と言われています。

キリスト教の関係者団体が始めたことで、
これが徐々に日本の中に定着し始めます。

そして、森永製菓が告知。

これにより一気に広まって
日本でも「母の日」が当たり前になってきました。

 

ただし、日本での母の日は
もともとは5月ではなかったそうですよ。

皇后さまの誕生日であった3月6日となっていて、
これは、昭和24年ごろまで続いたそうです。

スポンサードリンク

母の日に花を贈ることになった由来は?

母の日にはたくさんの人が、
母親にお花をプレゼントしますよね?

受け取るお母さんも我が子からのお花のプレゼント。
とてもうれしく感じていると思います^^

 

でも「母の日=花」というのはどうしてなのでしょう?

これは、母の日が誕生できることとなった
きっかけである少女から始まっています。

母の死に遭遇した少女が母親の追悼式の際、
お母さんが好きだった白いカーネーションを捧げます。

この時、参加してくれた人たちに1輪ずつ
白いカーネーションを渡しています。

これが、お花(カーネーション)を贈るもとになっています。

 

ですがその後、すべての人が
母を亡くしているわけではない考えから、

・存命している人には赤

・亡くなっている人には白

という風にカーネーションの色を分け、
胸につけて参加するようになったそうです。

日本に伝わったのもこのままだったのです。

 

その後・・・
母親がいる子といない子で区別がついてしまうことから、
子供の気持ちを傷つけないように色が統一されることになります。

これが1960年のことです。

 

この後、母の日のカーネーションといえば赤。
これがしばらく続いていましたが・・・

品質改良によって今ではたくさんの色が存在します。

 

カーネーションは色ごとに花言葉が違い、
赤は「母への愛」ピンクは「感謝」という意味を持つようです。

 

ちょっと気になる色の花言葉もあります。

・濃い赤・・・私の心に悲しみを

・黄色・・・軽蔑・嫉妬

花言葉を意識するのであれば
この2つの色と、

母親が亡くなっていることをイメージさせる
白いカーネーションは避けた方がよさそうですね。

あとがき

母の日が誕生したいきさつや
日本に伝えられ広まった時期。

花を贈るようになった理由などのお話、
いかがでしたでしょうか?

 

1914年にアメリカで記念日となり、
今では日本でも毎年5月の第2日曜日が
母の日となっています。

 

親にお礼など口に出して言うというのも、
照れもありますしなかなかないではないでしょうか?

ぜひ、この母の日の機会に、
ちょっとしたプレゼントやお花を贈り、
ありがとうの言葉も添えてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

長年の苦労や生活の中の大変なことも、
一気に吹っ飛んでしまうくらい喜んでくれるかもしれませんよ^^

「関連コンテンツ」

-イベント・行事
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 四季折々ちょこっと生活術 , 2017 All Rights Reserved.