洋服の毛玉はなぜできる?予防と処理方法をご紹介

投稿日:

洋服にすぐに毛玉ができてしまって困る。

こんなことはありませんか?

せっかく買ったお気に入りのセーターなのに、なぜか1回着ただけで毛玉ができてショック(泣)

なんてこともありますよね。

・洋服に毛玉ができてしまう原因

・できないようにするには?

・できてしまったら?

毛玉の困った悩み解消に参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

洋服の毛玉はなぜできるの?その原因

毛玉といえば特にできやすいのがセーター。

冬物に限らずスプリングセーターにまで、お気に入りの物に限ってすぐにできてしまう・・・

こんな毛玉に泣かされていませんか?

 


洋服に毛玉ができる原因って何?

毛玉の正体は「繊維」です。

繊維同士がこすれ合う時の摩擦によって、細かい繊維が絡み合って丸い形のようになります。

これがいわゆる「毛玉」と呼ばれるものです。

こすれて摩擦が起きることが原因なので、普通に洋服を着て歩いているだけでもできてしまうんですね。

どういう風に?というと・・・

歩いた時に腕を振るだけでも、脇部分や袖と裾部分がこすれ合って毛玉ができてしまうのです。

 

こすれ合うのが原因なので、洗濯機の中に入れてグルグル回っている時も、他の衣類とこすれ合ってできることもよくあります。

 

じゃあ、洋服に毛玉を作らないには、こすらないようにすればいいのね?と思いませんか?

確かにその通りなんですが、これってなかなか難しいことなんですよね^^;

 

なので、できるだけ「できないための予防」をするようにしましょう。

対策方法をご紹介しますので確認してみてくださいね。

スポンサードリンク

洋服に毛玉ができる予防対策

毛玉はできてしまうと取るのが大変。

なので、できれば作らないのが一番です。

 


毛玉をできにくくする予防方法

ブラッシング

衣類専用のブラシを使ってやさしく手入れをしておきます。

毛玉は繊維が絡まることでできてしまうので、この絡みをなくしておくことで毛玉予防につながります。

セーター類はあまり強くブラシでこすってしまうと、毛が毛羽立ち逆効果になってしまうこともあるので、やさしい力加減でお手入れをしてくださいね。

 

洗濯ネットを必ず使う

洗濯機の中でグルグル回る衣類は、繊維同士がこすり合うので毛玉ができやすくなります。

毛玉を作りたくない洋服は必ずネットに入れて洗いましょう。

あまり大きな洗濯ネットを使ってしまうと、中で衣類がネットとこすれ合ってしまうので、ピッタリ、もしくは少しきつめのサイズがおすすめです。

 

続けて同じ洋服を着ないようにする

連続、またはしょっちゅう同じものを着ていると、衣類の繊維がパサパサしやすくなり毛玉ができてしまいます。

できれば、毛玉のできやすい洋服は、時間を置いてから着るようにしましょう。

 

おしゃれ着洗い用の洗剤や柔軟剤の使用

CMでおなじみのアクロンや、柔軟剤の使用も毛玉防止になります。

衣類の表面をコーティングする効果があるので、使わないよりは使った方が毛玉の防止になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アクロン フローラルブーケの香り 本体(500mL)【アクロン】
価格:226円(税込、送料別) (2018/1/3時点)

 

毛玉のできにくい生地を選ぶ

一番簡単で効果的なのが、毛玉のできにくい生地の素材を選ぶことです。

アクリル100%の素材は繊維が強く絡まりが多くなります。さらに、できてしまった毛玉がとにかく取りにくいという特徴が。

その他にも、天然繊維の綿やウール、化学繊維のアクリルやポリエステルなどの混紡品もできやすい素材です。

ただし、ウールの場合はできた毛玉は自然に取れ落ちやすいという特徴があります。

 

毛玉ができにくい素材は「天然繊維」のものです。

綿100%なら毛玉はほとんどできることがないので、洋服を買う時は素材もチェックしてみるのがいいですね^^

洋服に毛玉ができてしまった時の処理方法

予防をしていてもできてしまうのが毛玉。

それに、自分が気に入った洋服が綿100%でないことだって当たり前にありますよね。

毛玉ができてしまった時の処理の仕方も色々あるのでチェックしてくださいね。

 


できてしまった毛玉を取る方法

毛玉取り用のブラシ

衣類専用のブラシには、毛玉を取りながらできにくくする予防効果もあります。

できている毛玉だけをこするようにし、表面をガーッとこすらないように注意しましょう。

スポンジで軽くこする

裏面がザラザラ固くなっているタイプの食器洗い用スポンジで衣類をこするようにします。

ザラザラしていない面でこすっても毛玉が取れますよ。

頑固で取れにくい毛玉にはザラザラしている面を使いましょう。

毛玉取り器の利用

簡単で衣類の生地を傷めにくいのが毛玉取りです。

電池タイプのものが一般的ですが、コードタイプの方がパワーがあり毛玉がよく取れます。

 

してはいけないのが、「毛玉を引っ張る」ことです。

手でつまんで引っ張ることで繊維がパサつき、かえって毛玉をできやすくしてしまうことが多いので、この方法では毛玉を取らない方がよさそうです。

カミソリでやさしく表面をなでるようにする方法もありますが、やり方次第では手で引っ張っているような感じになるので気を付けてくださいね。

スポンサードリンク

あとがき

毛玉が洋服にできてしまう原因は、衣類の繊維が絡み合うことです。

毛玉のほとんどが原因は「摩擦」なので、洗濯の時は必ず洗濯ネットに入れて洗ったり、柔軟剤やおしゃれ着洗いなども利用しましょう。

 

一番良いのは毛玉ができにくい素材を選ぶことです。

できるだけ、天然繊維のものを選ぶようにしましょう。

できてしまった毛玉取りには、

・毛玉取り用のブラシを使う

・スポンジでこする

・毛玉取り器を使う

などがあります。

どれを使う時でも「やさしく」を忘れずに、強くこすらずに試してみてくださいね。

 

「関連コンテンツ」

-生活
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 四季折々ちょこっと生活術 , 2018 All Rights Reserved.