水仕事をすると手荒れで指が痛い!原因と対策を知って予防をしましょう

投稿日:

handcream-teare
手荒れがひどくて冬が来るのが怖い!

毎年寒い季節が来るたびに、指先がパックリ割れて、血がにじんで痛いし水仕事がつらい・・・

こんなことはありませんか?

 

ヒリヒリ痛い指先で、料理や茶碗洗いはとってもつらいですよね T_T

なんとか今年こそ手荒れにならないために、できることを実践してみませんか?

今の時期だからこそ知っておきたい、水仕事での手荒れ対策について、まとめました。

スポンサードリンク

水仕事をする前にしておきたい手荒れ対策

食器を洗ったり食事のための野菜を洗ったり、洗濯や雑巾がけなどなど・・・

とにかく主婦の指先は毎日水に触れることばかり。

手荒れがひどい人は特に冬の間、毎日薬やクリームを塗っても治らない、と困っていますよね。

 

手荒れは一度なってしまうと完治するのがなかなか難しいです。

なんといっても、お水を触らない日なんて主婦にはありませんもんねーー;

 

水仕事の時に簡単にできる手荒れ対策

・ゴム手袋の着用

わかってはいても面倒なのがゴム手袋ですよね。

ですが、手袋自体で手が荒れてしまう人でなければ、効果は絶大です!

水もお湯も洗剤にも触れずに何でも家事仕事ができます。

すぐ脱げてしまう人や水が入ってしまいやすい人は、肘まで長さのあるロングタイプのものがおすすめです。

ゴム素材がどうしても苦手で・・・という人は、中に綿などの薄手の手袋はめてその上からゴム手袋を履くと脱げにくくもなりますよ。

 

・皮膚を保護するクリーム

皮膚を保護してくれるバリアクリームと呼ばれるものです。

手荒れが起きやすい家事仕事などをする前に、手に塗っておくと膜を作ってくれます。

ゴム手袋のように完全防備!とまではいきませんが、お湯や洗剤などから手を守ってくれます。

 

・食器洗いはぬるま湯を使う

熱めのお湯で洗顔をすると肌が乾燥しやすくなるのと、手先も一緒です。

油汚れが落ちやすいからといって、熱いお湯に手をさらすのは、できるだけ避けるようにしましょう。

だったら水がいいのか?というとそうではありません。

冬の間など寒い時期は、水に長く手をつけてしまうと「アカギレ」を起こしてしまいます。

素手で食器を洗う時は、ぬるま湯を使うのが一番手荒れが少なくなります。

関連記事

かかとがパックリひび割れて痛い原因や治し方
唇が乾燥して皮むけがひどい時の改善方法

 

水仕事で手が荒れる原因って何?どうして私だけ?

同じ水仕事をしていても、手先がすごく荒れる人とそうでない人がいます。

ひび割れた自分の指先を見て、痛みを感じながら「どうして私だけ?」と思っていませんか?

まずは、水仕事で手が荒れる原因を知っておきましょう。

 

手荒れが起こる原因

これはずばり「水(湯)仕事」です!

水などにつけている間、手や指の皮膚を守ってくれている皮脂膜が、流れていってしまっているのです。

そして、ここへ食器洗剤などでダメージが加わり、手荒れがひどくなってしまいます。

 

主婦の仕事といえば多くが水を触る仕事です。

食器洗い以外にも洗濯やお風呂掃除、濡れた雑巾を使うことなどを考えると、トイレもお部屋も掃除をするあらゆるところで水をさわってしまうことになります。

 

冬は肌が乾燥する季節でこれは顔だけじゃなくて指先も一緒なんです。

ガサガサになったあかぎれの皮膚に、洗剤をつけたりすることでますます悪化してしまいます。

 

同じく家事仕事をしていても、手荒れがそんなにひどくない人もいますよね?

その違いは、皮膚のバリア機能。

手荒れを起こしやすい人は、バリア機能が弱い状態になっているのです。

 

手のケアって難しいですよね^^;顔に使っているスキンケア化粧品を毎日つけていても、なかなかカサツキが治らない人が多いと思います。

乾燥している手の甲は、シワが人より多かったり年齢より老けてしまうこともありますねT_T

最近、手の甲に特化した本格派のハンドケアクリームが誕生しました!こういった専用のものを試してみるのもよさそうですね^^

手荒れ ケアクリーム

『ハンドピュレナ』詳細はこちら

 

水仕事の手荒れ予防方法

水仕事で指先や手が荒れてしまうのは、皮膚のバリア機能が弱いためです。

そのため、水仕事をしていない普段から、皮膚の乾燥を防ぐための対策も必要になってきます。

 

手荒れといえばなんといっても「ハンドクリーム」を塗ることです。

 

水仕事をした後はもちろんですが、
手がカサカサしているな~と思う時につけているクリームを、できるだけこまめにつけるようにしましょう。

手や指先の保湿をしておくことで、水に強い皮膚を作ることができます。

 

また、

食器洗剤を刺激の少ないものにするのもひとつの手です。

洗浄力は多少落ちてしまっても、手にとてもやさしい洗剤もあるので、自分の肌に合ったものを選んで使いましょう。

洗浄力が弱い洗剤を使う時は、食器の汚れを事前にキッチンペーパーなどでふき取っておきます。

これだけで、時短にもなりますし、肌にやさしい洗剤+短い時間での食器洗いで、手荒れを予防することができます。

スポンサードリンク

まとめ

寒い季節に手荒れをしやすい人は、毎年冬がくるのが恐怖かもしれません。

手荒れ防止対策におすすめは何といっても「ゴム手袋」ですが、茶碗を洗いにくいなどの理由で毎回きちんと使っているという人は少ないかもしれませんね。

 

苦手な人は皮膚を保護してくれるガードクリームなどをつけて家事仕事をしましょう。

 

普段からハンドクリームで手から指先全体を保湿しておくことも大切です。

今年は手荒れがひどくならないといいですね^^
ひび割れのない冬を過ごしてくださいね。

「関連コンテンツ」

-生活
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 四季折々ちょこっと生活術 , 2018 All Rights Reserved.