お年玉は何歳からの子どもにあげる?赤ちゃんにはあげる?相場はいくら?

公開日:  最終更新日:2016/12/01

otoshidamabukuro

子供の頃は自分がもらってうれしかったお年玉。

大人になると立場が逆転して、
親戚の子供たちにあげなければいけなくなりますね。

ちょっと迷ってしまうのが
まだ1歳にもならない赤ちゃんへの
お年玉ではないでしょうか?

あげた方がいいのか・・・みんなはどうしてる?

気になる人は参考に見てくださいね。

スポンサードリンク

お年玉は何歳からの子どもにあげるのが一般的?

お年玉って今の時代は
何歳からの子供にあげるのが普通なんでしょうか?

お金の価値がまだわからない小さい子だと、
あげた方がいいのか迷う場合もありますよね。

 

お年玉はもともと、
渡す子供の年齢などに決まりや習慣がありません。

七五三のように決まった年齢に何かをする行事でもなく、
何歳になったらこの子にあげる、
といったような決まり事がないんですね。

 

生まれてすぐの赤ちゃんにでも、
まだ3歳でお金がよくわからない子にでも、
お年玉は子供にはあげる、というのが一般的になっているようです。

 

自分の子供がもらった年齢が3歳だったとき。

こういった場合は同じ3歳に
相手の子にもお年玉をあげるのがいいのでわかりやすいですね。

 

親戚が多く集まる場所で、
他の家の人が用意しているかもわからない。

よその親類には聞くことができない。

 

こんな時は事前に用意しこっそりバッグの中にしのばせ、
他の親類が出したら自分も・・・という方法もありますよ。

 

お年玉は小さい赤ちゃんにもあげる?

akachan

我が子へのお年玉なら自分で判断すればいいだけですが、
親戚の子にとなれば話も変わってきますよね。

赤ちゃんにはあげるべきなのか?
本人には渡せないからまだあげる必要はないのかな?

など、考えてしまう点でもあります。

 

現代は、

よちよち歩きの赤ちゃんにでも、
まだ首の座らない生まれたての赤ちゃんにでも、
お年玉をあげる、という人が多いようですよ。

 

この場合、赤ちゃん本人は
もちろん受け取ることができませんから、

子育てを頑張ってくださいね」と
親御さんに気持を伝える意味で手渡しましょう。


スポンサードリンク

 

お年玉を赤ちゃんにあげる相場はいくら?

親戚の赤ちゃんにお年玉をあげようと思ったけど、
いくらくらい渡せばよいのかわからない。

こんな人も多いですよね?

 

赤ちゃんへのお年玉の相場

・500円~1000円

が多くなっています。

 

お年玉袋になんとなく500円玉を
入れにくいな~と感じる場合は、
1000円にしておくと無難ですよね。

 

おじいちゃんおばあちゃんがお孫さんに渡す金額は、
あまりこだわったりしなくても大丈夫に思えますが、

親戚の子供に、という時は、
あまりにも大きな額は避けておきましょう。

 

お年玉はたくさんあげればよいものでもなく、
やはり年齢に合った相場の金額をあげるのが好ましいとされています。

 

お金を渡しても赤ちゃんなら
ほしいものなどを口で言うこともできません。

お年玉の代わりに、
おもちゃ・お菓子などを渡す人も多いですよ。

 

ちなみに、幼稚園くらいの年齢の子には、
1000円~2000円が多く
小学校の子へは3000円が多いようです。

 

(年齢別の相場はこちらを参考にしてくださいね)
お年玉はいくらあげる?赤ちゃんから高校生と大学生には?

 

赤ちゃんの頃からあまりに奮発してしまうと、
年齢が上がるのに合わせてお年玉の額を
アップさせていくのが大変になってしまいます。

多すぎず少なすぎずの額を渡すようにしましょう。

 

お年玉は何歳から?のまとめ

お年玉を渡す年齢には決まりがありません。

最近は赤ちゃんのうちでも、
子供ができた親御さんへ渡す人が多いようですよ。

 

赤ちゃんへ渡すお年玉の額は、
相場が500円~1000円となっています。

 

スポンサードリンク

小さくてお金の価値がわからないうちは
何か別の物をあげたい、という場合は、
おもちゃやお菓子などを渡してあげるといいですね。

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑