お年玉はいくらあげる?赤ちゃんから高校生まで年齢別の相場!大学生には?

投稿日:


親戚の子供へのお年玉って、何歳くらいから何歳くらいまであげるといいか?と迷うことはありませんか?

赤ちゃんにも渡したほうがいいのか?

20歳を過ぎているけど大学生になった子にもあげた方がいいのか?

 

また、いくらくらいあげればよいのか?

渡す金額もいくらがいいのか、ちょっと迷ってしまいますよね。

 

年齢別のお年玉の相場を調べましたので参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

お年玉をいくらあげるといいかわからない

お年玉をあげる対象となるのは、自分の兄弟に子供ができた時。

結婚して旦那の兄弟の子供に、ということになりますよね。

相手の親の方から金額を指定されるわけではないので、初めての時はいったいいくらあげればいいのか?と悩む点です。

 

逆に、自分に子供ができた時には、今お年玉を上げている子供の親から、我が子へのお年玉がくるようになるわけです。

それを考えると・・・

今、たくさんの金額を渡せばよい、という問題でもないんですよね。

返ってくる時に相手側の負担にもなるわけなので。

 

生まれたばかりの0歳の赤ちゃんにもお年玉は渡す必要があるのか?

こんなところにも疑問がでてきますよね。

 

赤ちゃんへのお年玉についてはこちらの記事にまとめているので参考にしてくださいね。

⇒お年玉は何歳からあげるのか?

 

では、年齢別のお年玉値段の相場を見てみましょう。

お年玉を渡す値段の年齢別相場を知りたい!

お年玉って何歳の子にはいくら?という年齢別値段の相場を調べました!

一般的な額にはなりますが、検討もつかないと困っている人は、参考にしながら見てくださいね。

 
※赤ちゃん・未就学~幼稚園児・小学生・中学生・高校生に分けています。
その次の章で大学生へのお年玉についてもご紹介しています。

 

赤ちゃん・・・500円~1000円・おもちゃ

最近では、生まれてすぐの赤ちゃんにもお年玉をあげるという人が多くなっています。

これは、子育てをするお母さんへ、頑張っての意味を込めて渡してあげます。

我が子が初めてもらうお年玉にうれしさを感じる母親も多いと思います。

少額でも渡してあげると喜ばれそうですね^^

また、同等の値段の小さなおもちゃを渡す人も多いですよ。

 

未就学児~幼稚園児・・・500円~1000円・お菓子・おもちゃ

赤ちゃんと同じ値段が一般的になっています。

この頃にはお菓子も食べられる年齢なので、袋詰めのかわいらしいお菓子をお年玉としてプレゼントしてあげてもいいですね。

お年玉を直接渡しても知っている子供なら喜ぶ年齢です。

 

小学生

低学年・・・1000円
高学年・・・2000円~3000円

小学生にもなれば受け取ったお金は自分で管理し、好きなことに使うようになっている子がほとんどです。

この時期に一気にお年玉の額を上げてしまうと、中学、高校とさらにUPしなければいけなくなります。

渡す側の負担も大きくなっていくので、ムリをしない妥当な額ですませるのがいいですね。

 

中学生・・・3000円~5000円

5000円という額が多いようですが、1年生の頃なら3000円でもおかしくないような気がしますね^^

お洒落をしたい・流行の物がほしい、といった年齢ということもあり、極端に少ない金額ではがっかりさせてしまうかも?

 

高校生・・・5000円~10000円

中学生で5000円をあげていた場合、UPして10000円となるケースが多いようです。

お年玉を渡す高校生が3人いるだけでも30000円・・・かなりの出費となるので蓄えの必要がありそうです^^;

 

こうして相場を見てみると小学生の頃はまだ良いのですが、中学生を超えてくると、何人かに渡す必要がある場合、けっこう痛い出費になってしまいそうですね^^;

なので、お年玉貯金のようなものが必要になってくるかもしれません。

ですが、相場はあくまでも相場ですので、割り切って、ムリをしないお年玉の額にしてあげるのが良いと思います^^

スポンサードリンク

 

お年玉って大学生にもあげるの?

子供が大学生にもなると、アルバイトをしている子も多くなり、お年玉を渡す必要ってあるのかな?と、この点は大いに悩むところですよね。

この頃には自分の子供も成長して日々お金がかかる生活をしているわけですから、年末年始の出費は少しでもおさえたいところです。

 

大学生の子にお年玉を渡すか?

これは、各家庭の事情や、それぞれ渡す側の考えで決定しても良いかと思います。

 

ちなみに・・・

大学生に渡すお年玉の相場は「1万円」が特に多いアンケート結果となっています。

 

渡す人の考えでは、

・成人式に合わせてお祝いの意味で

・自分の子供が大学生の時にもらっていたから

・滅多に会わないのでおこずかい代わりに

という感じが多くなっているようです。

 

我が家の場合はこうしました!

我が家の場合は大学生親戚の子には、高校生までしかお年玉をあげていません。

ちょっとがっかりしたような顔に心が傷みましたが、いつまでも渡していてもお金ばかりかかりますし、相手側の親も返す負担になると思ったからです。

その代わり次の年の成人には、お祝いとして本人に1万円を渡しました。

これでしっかりと区切りをつけることができ、心の中もお財布の中もほっとできた感じです(笑)

 

金銭的に余裕のある人は社会人になるまで渡すのもアリと考えますが、そうでない場合は自分の旦那と話し合い、きりの良いところでお年玉を終了するのがいいと思います。

スポンサードリンク

お年玉の年齢別相場のまとめ

親戚の子供に渡すお年玉の相場は確認していただけましたか?

各家庭により違ってくると思いますが、大きな出費となる家庭もあることと思います。

少しずつでも専用に貯めておくのがおすすめです。

 

赤ちゃんには生まれたら渡すという人が多く、大学生では少し意見が分かれるようです。

お年玉は年齢があがるほど額も大きくなり、渡す側には痛い出費となってきますよね。

いつまでも渡していると、返さなけらばならなくなる相手側の親への負担にもなってしまいます。

夫婦で話し合って、ここ、というところで終了するようにしましょう。

 

「関連コンテンツ」

-お正月
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 四季折々ちょこっと生活術 , 2018 All Rights Reserved.