アブに刺されたら出る症状は痛い?かゆい?腫れる?処置は?

公開日: 

アブ 刺された 症状
7~9月頃になると見かけるようになるアブ。

攻撃してくるかのように、ブ~ンと音をたてながら、自分のすぐそばをかすめて飛び回ることってありませんか?

いつ刺されるのか?とヒヤヒヤしている人も多いと思います。

 

もしもアブに刺されたら・・・
なんて、あまり考えたくはありませんが、

どんな症状が出るのか?

どんな処置をすればいいのか?

知っておくと役立つときが来るかもしれません。

痛い・かゆい・腫れるって実際にはどのくらいひどくなってしまうんでしょうか?

スポンサードリンク
  

アブに刺されたら出る症状で多いのは?

アブに刺されると一般的には、

・痛い

・かゆい

・腫れる

この3つがワンセットのように、症状として出ることがほとんどです。

 

痛いのは刺された瞬間

アブは、実際には針などで刺してくるわけではなく、口でかじるように皮膚に傷をつけ、そこから出てくる血を吸うために、傷つけられる瞬間に痛みがあります。

(こちらもご参考にどうぞ)
アブって刺す?刺さない?噛むって本当?

激痛という話もあれば、チクっとする痛みという話もありで、痛みに関してはかなり個人差があるようです。

ですが、刺された瞬間にすぐわかるくらいだそうなので、痛い!ということに間違いはないようです。

 

かゆみが出るのは、アブの唾液に含まれている成分が原因

蚊と同じ、と言えばわかりやすいかと思います。

血液が固まってしまうのを防ぐための成分が、血を吸う時にアブの口から注入されるのだそう・・・(イヤですね^^;)

これが、かゆみの症状の原因となります。

 

刺された部分が腫れる

大きく腫れてその部分が熱を持ったりすることもあります。

腫れたところは強いかゆみで、かきむしりたくなるようです。

 

腫れとかゆみはしばらく続きます。

これにも個人差があり、一般的には1週間程度と言われていますが、中には、2週間もというように長い間かゆみに悩まされる人も。

 

刺されたらすぐに処置することで、これらの症状は軽くおさまる場合もあるので、処置方法も確認しておいてくださいね。

 

アブに刺されたらする処置は?悪化しないためにできること

アブ 刺された 処置
アブに刺された時の症状では、痛みや腫れ、かゆみが主なものとなっています。

強烈なかゆみを感じることも多く、1週間、長い人では2週間など個人差はあるものの、1日2日我慢すれば良いという程度ではないので、できるだけ軽くおさえるようにしたいですね。

 

しっかりと処置をすれば、症状を軽くおさえられる場合があります。

蚊と違って、アブに刺された時は痛みですぐに気づくようですので、すぐに処置できるよう、処置方法を頭に入れておきましょう。

 


アブに刺された時の処置方法

1)刺された部分を強くつまんで、絞り出すようにしながら血を出します。

この時、血を出しながら、流水で洗い流すというのを同時にしましょう。

2)刺された部分を冷やします。

冷やすことで、血を止める効果と、その後の腫れやかゆみをやわらげる効果があります。

かゆみが我慢できずにかいてしまうことで悪化したり、トビヒになったり、傷ついた皮膚から細菌などが入らないように、冷やしてかゆみをやわらげましょう。

3)塗り薬をつけます。

ステロイドが入っている抗ヒスタミンの軟膏が適しています。

傷口が化膿してしまうのを防ぐ・炎症を抑える・かゆみを抑えるといった効果がありますので、つけておきましょう。

すぐに処置をしたからといって、症状が全くなくなるというわけではありませんが、処置が早ければ症状を軽くできたり、悪化を防ぐことが可能です。

 

アブが生息している場所は、雑木林など自然が残る場所に多くいます。

そして、湿度がある所を住みやすい場所としているので、川や沼、田んぼなどにも多く生息しています。

 

川がある山へキャンプ♪
というと、アブにお目にかからないことはないかもしれませんね^^;

すぐに処置できるよう、きれいな水と塗り薬は持参した方が良さそうです。

 

また、アブが活動的になる時間帯は、早朝と夕方と言われていますが、それ以外の時間帯も油断しないようにしましょう。

我が家の周りにいるアブたちは、午前でもお昼でもブンブン近寄ってきますので・・・汗


スポンサードリンク

アブに刺されたら出る症状でその他のものは?

アブに刺された時に出やすい主な症状と、処置の仕方、確認していただけましたか?

万が一の時のために、すぐに処置できるよう、手順は覚えておいてくださいね^^

 

出やすい症状は、痛み・腫れ・かゆみですが、その他にもまだあります。

・熱が出る(微熱)

・水ぶくれになる

・化膿する

など

体質によって個人差があり、このようなちょっと重い症状が出てしま人もいるようです。

 

また、かゆみがなくなるまでの期間にも開きがあります。

アレルギー体質の人だと、治るまでの期間が少し長引くかもしれませんね。

 

アブに刺された部分は、かゆみがひいてからも痕が残ることが多いようです。

この場合も肌質によって違ってきますが、数か月かかる人もいるようなので、アブに刺されたと気付いた時は、すぐに処置するようにしてくださいね。

 

症状が重いように感じたり、かゆみが強くてつらい、腫れた部分が異常に硬くなっているなど気になる場合は、早めに皮膚科で診察を受けましょう。

スポンサードリンク

あとがき

アブに刺された時に出る症状、いかがでしたか?

思ってたいたよりひどくないみたい、とほっとしている人もいれば、やっぱり怖い、と思った人もいると思います。

 

ちなみに私は若干ほっとしています。

アブはハチの仲間だと思っていて、アナフィラキシーショックと呼ばれるアレルギー症状が出ることもあるのかな?と思っていたので・・・

アブの唾液は人間には害のあるものではありますが、ハチのような毒とは違い、アナフィラキシーショックはまず起こらないようです。

ですが、100%ないとも言えないようで、アレルギーを持っている人では完全に安心は仕切れないんだそうです。

 

アブから身を守るには、皮膚を露出させないことが大切です。

夏はレジャーで山や川へ出かけることも多くなる季節ですので、十分に気をつけて、万が一刺された時のための準備もしておきましょう。

 

「関連コンテンツ」

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑